cancun LIFE

MEXICOカンクン WEDDING+LIFE+TRAVEL

カンクンからのロケーション撮影『ビーチ』

言葉に表す作業へ、なかなか思考が追いつかず…ついつい情報UPがテンポ良く進まずに申し訳ございまさせん。

その間にも素敵なフォトセッション、ロケーションなど紹介したいネタは沢山増えていくばかりなのですが

 

本日のカンクンは先日、北からの寒波が少し入りお天気が崩れております。

恐らく、明日までは雲が張ってしまって厳しい見通し。

この時期(10月11月)は雨季から乾季へ季節の変わり目で風の入り方も変わりやすく、それに伴ってお天気も非常に変わりやすくなります。

数分単位で晴れたり、雨が降ったり、雲がかかったりする日も。

北から南へ縦長のカンクンのビーチでは、南は晴れて北は雨なんて事もあります。

撮影は天候にかなり左右されますので、この時期に撮影を予定されている方は時間に余裕をもって予定を組まれると良いですよ(全てのシーズン当てはまりますが…)

弊社も、ビーチ撮影のみの日でもタイミング良く撮影が行える様、撮影を詰めて予約は受けておりません。

出来る限り、ベストなタイミングで撮影が行える様に準備してお待ちしております。

 

魅力的な風景の多い日本でロケーションフォトのチャンスが増える中、ハネムーンでの撮影を楽しんで頂く為にカンクン・メキシコならではのロケーションをご紹介していきますね。

それぞれのロケーションの魅力だけでなく、見落としがちなリスクや注意点も参考に。

書く情報が多くなってしまうので、何回かに分けてご案内致します。

 

今回は 

カリブ海:ビーチ撮影

カンクンの撮影での一番定番。

日本には無い、ミルキーブルーの何とも言えない海の色。 そして、真っ白なビーチ。

カンクンを訪れる誰もが憧れるカリブ海の景色、そして一番の魅力でもあります。

 

『リスク』

①天候に一番左右されやすい

晴れた海が前提のロケーションである為、天候が一番気がかりなロケーションとなります。

天候は年によってもかなり変わりますが、、季節(雨季・乾季)の変わり目あたりは不安定になる確率が高いです。

『対策』

撮影時間の調整や日程の変更が行える様に、余裕のあるプランニングをしておきましょう。

他、ビーチだけでなく施設使用料が必要となってしまいますが、ご滞在ホテル内での撮影へ変更もおすすめです。

天候に左右されにくい、ホテル館内で撮影を行い、タイミングを見てホテル前のビーチで撮影を行うことが出来ます。

 

・5月-9月

とにかく暑いです!! 風が穏やかになり、日差しも最高に強い時期。

日焼け、汗、体力の消費、そして眩しさに注意です。

『対策』

ドレスはなるべく、軽めで体の負担にならないインナー選びが重要です。

日傘や帽子・サングラスなど、撮影の小物にも利用出来そうなものを準備されると良いですよ。

後は、ダイエットに励みたくなる所ですが。。体力が落ちてしまう危険もございます。

それよりも、撮影を楽しんで笑顔で居られる様に、ご自身のベストな状態をキープ出来る事が重要です。

・10月-4月

日差しは多少穏やかに感じますが、それでも日本よりもずっと強くなるので注意しましょう。

風が強い日が多くなります(日本の嵐級の強風)ので、ヘアスタイルに注意が必要です。

『対策』

髪の毛がお顔にかから無い様に、出来ればアップ・ハーフアップなどまとめたスタイルがおすすめです。

前髪はサイドでピン固定出来るくらいの長さ、もしくは短い場合は目にかからない位の長さが安心です。

風で崩されてしまう事を前提に撮影に臨みましょう。

新郎様も髪の毛が長いスタイルの場合は、ハードなスタイリング剤で強風に負けないセットが必要ですよ。

ドレスの裾も風で捲れる程の時もございます。

ドレスラインが気になる場合は少し重たさのあるレース素材のドレスやマーメードなど余り広がりの無いドレスを選ばれると良いと思います。

Aラインやプリンセスラインでチュールなど軽めの素材の場合は風にかなり流されてしまいます。

(それは、それで動きがありその時の記録として私は有りだと思うのですが、、好みもあると思いますので参考に…思いもよらない動きを見せるドレスが逆に美しく感じます)

 

②海の藻問題

ここ数年、夏の時期にかけてカリブ海で大量発生した藻がカンクンのビーチに流れてきます。

年によって量や時期に差が出ますし、観光業に影響する為、国をあげてビーチ清掃に力を入れているのですが、2019年は3月ごろから9月頃まで。

2018年以前は5月頃から9月頃までが、ビーチの藻が撮影の際に気になりました。

ピーク時7月8月には、ビーチだけでなく、海の中にも黒い藻のラインが出てしまう日もあります。

風向きや潮の流れが影響するので、日によってかなり差があるのですが…

『対策』

撮影の際には、藻が入らない角度や距離を保って撮影を行いますが、気になる方は注意が必要です。

余りにも藻が酷い場合はセノーテや街角撮影など、藻は全く影響しないロケーションを選ばれるものも良いかもしれません。 または、藻の影響の少ないビーチもございますので、そちらをご相談させて頂く事もございます。

海だけでなく、他にも魅力的なロケーションが沢山有りますので、思い切って別のロケーションを検討するのも有りだと思いますよ。

〜〜〜〜

ビーチといっても、カンクンから行ける海のロケーションは、色々有ります。

同じロケーションでも光の入る角度(時間帯)によっても海の色が変わりますので、こんな雰囲気の…とご相談を頂ければ、ピッタリのロケーションをご案内させて頂きます!

それぞれ、海の色が微妙に異なり、魅力が変わってきますので、是非お気に入りのココ!!というロケーションを見つけて下さいね。

 

*カンクンホテルゾーンのビーチ

*イスラムヘーレス島

*イスラ・ブランカ

*ラス・コロラダス(ピンクレイク)